事例紹介 / ゴムスポンジ成形

ゴムスポンジ成形とは

ゴム材料に発泡剤を添加する事により、ゴムに多孔を形成します。発泡剤が配合された材料を金型で成形したものです。通常のゴムと違って成形がシビアで、金型の設計から成形条件までに高度な技術と経験を要します。
発泡している為、ゴムと比べソフトな感触があり、軽量化できます。
シール効果にも優れるため、用途としては、あまり圧縮荷重をかけることの出来ない部分のシールパッキンや、吸音材にも使用されます。